Close modal
無料トライアル

いがりまさし 日本のスミレ再考

第1回 タチツボスミレの来た道 

2018-02-09

『山溪ハンディ図鑑 日本のスミレ』(山と溪谷社)の著者であるいがりまさしさんの短期連載です。日本に分布するスミレの、海外での分布や形態について、研究者などと同行しながらご自身の目で見て、日本のスミレを再考します。

 

 

日本列島でもっとも普通のスミレ

 

タチツボスミレは日本列島でもっとも普通に見られるスミレといっていいだろう。北海道から沖縄まで分布する唯一のスミレともいえる。自生環境もすこぶる日本的で、田の畦など日向にもあるが、杉林の周辺など日陰にもしぶとく咲いている。

中国や朝鮮半島にも、少しはあると聞いてはいたが、それまで歩いた、四川省、雲南省、韓国北部、そしてロシア沿海地方では一度も見たことはない。そして、ネットにも海外のタチツボスミレの具体的な情報はほとんどなかったのである。

 

*続きは有料コース会員のみ参照可能です。

関連する種:タチツボスミレ

いがりまさし 日本のスミレ再考

最新コラム