Close modal
無料トライアル

短期連載 その羽は誰のもの? -野鳥の羽観察のキホン

第1回 まずは、初列風切と尾羽だけを覚えよう!

2018-06-18

初めまして! 週末に羽をいじっている社会人の新谷亮太といいます。

みなさん、街や公園を歩いていて鳥の羽を見つけたことあると思います。大きくて立派な羽から小さくてふわふわな羽まで、結構落ちていますよね。拾った羽を識別できるようになると普段の鳥見の楽しさが倍増します。

もう20年前の話になりますが、当時中学生だった私は地元の公園でカッコいい羽を拾ったんですね。野鳥図鑑を眺めたり詳しい人に聞いたりしたところその羽はフクロウだとわかりました。その公園にフクロウは生息していないと思われていただけに驚きました。そして夜にその公園に行くと確かにフクロウが鳴いていて、たった羽一枚からでも新たな生息地を発見できるんだな、と深く感動しました。

他にも町中でヤマシギやヤツガシラの羽を拾うこともあり、人知れずその場所を通過しているのかなと、色々な想像が膨らみます。

羽一枚から種類が分かれば楽しいですが、いざ羽の識別と言われても最初はどこから始めていいか、どうやって見ればいいかわからないですよね。羽図鑑もありますが、そもそも基礎が分からないと使いこなせません。羽に独特な模様があれば羽図鑑をひたすら眺めて絵合わせで同定もできますが、地味な羽だとかなり難しいです。そのため羽を識別するには最低限の部位を覚える必要があります。今回のコラムは、そんな羽の識別の手助けとなればいいなと思っています。

 

識別に必要な羽の基本的な場所と名称を覚えよう!

普段鳥見をしていても見る機会の多くて拾う機会も多い、「初列風切」と「尾羽」の特徴を覚えましょう! ちょっとした特徴さえ覚えておけば簡単に識別することができます。

図鑑.jpに掲載されている『原寸大写真図鑑 羽』(文一総合出版)を見ると様々な部位が載っていますが、初列風切と尾羽以外の部位は慣れないと識別が難しく、混乱を招きかねません。ですので、今回は識別の基本となる初列風切と尾羽の識別方法をお教えいたします。

そもそも初列風切と尾羽ってどこ?という方のためにトラツグミを展開しました。


▲見えている姿と羽はずいぶんとちがいますね。上面、下面でもかわります。

 

尾羽は分かりやすいですよね。お尻の部分の羽です。初列風切は翼の外側の羽です。詳しくは野鳥図鑑の冒頭ページなど見てください。

トラツグミの翼下面は大きな白線が目立ちますが、これは普段観察していてもなかなか見ることができません。羽を拾うと普段見られない模様をじっくり観察することができ、その鳥への知識が深まります。

つぎに、羽の部位名称を簡単に解説します。写真はオオタカの初列風切です。

 

①羽軸…羽の軸の部分です。厳密には羽柄と羽軸に分かれますが、ここでは羽軸とします。

②外弁…羽軸に対してカーブの外側に位置し、基本は面積が狭いです。鳥の静止時(翼を畳んだ状態)に見えているのはこちら側。

③内弁…羽軸に対してカーブの内側。基本は面積が広いです。飛翔中や羽繕い中でないと観察は難しいです。

④外弁欠刻/⑤内弁欠刻…初列風切によく見られる外弁と内弁にある段差。欠刻を持つ羽が何枚かは種によって異なります。

 

部位と名前が分かったらいよいよ初列風切と尾羽を見分ける方法です。

 

*つづきは有料会員または無料トライアル期間中の方のみ参照できます

 

関連する図鑑:原寸大写真図鑑 羽

短期連載 その羽は誰のもの? -野鳥の羽観察のキホン

最新コラム