Close modal
無料トライアル

今年こそ見分けたい!身近な植物識別講座

第2回 センダングサの仲間

2018-08-23

この連載では、掲示板でもお馴染みの小林健人先生(長池公園 副園長)が、ご自身の経験を交えながら、その季節によく見られる身近な植物の見分け方を教えてくださいます。

第2回目は"センダングサ"の仲間です。 

--------------------------------  

センダン+草=センダングサ

エノキグサ、クワクサ、クサニワトコ(ソクズ)、クサフジ、クサボタン、クサヤツデ……。これらの植物の共通点はいったい何でしょうか? そう、いずれも和名に樹木の名前が添えられた草花です。それぞれがどんな草花なのか知らなくとも、身近な樹木を連想することで “フジのような雰囲気の草” “ニワトコそっくりの草”というように、その容姿が想像できます。今回ご紹介する「センダングサ(センダン+草)」も、このようにして名付けられた草花の一つです。

 


野原に群生するコセンダングサ

 

樹木のセンダンをご覧になったことがある方は、センダングサとは花や果実の見た目が全く異なるため、不思議に思われるかもしれません。しかし、葉に注目してみるとその所以がはっきりします。センダングサの仲間の多くは、センダンの葉と同じように規則的に葉が並ぶ「羽状複葉」を持っているのです。この特徴はセンダングサの仲間を見極める上でとても重要な形質です。花の見かけが何となく似ているメナモミやガンクビソウの仲間などは、みな単葉を持ち、葉が切れ込んだり複数に分かれたりしていません。これらの植物とセンダングサの仲間を見誤らないためには、羽状複葉の葉を確認するのが一番なのです。

名前の由来となった落葉高木のセンダングサ
名前の由来となった落葉高木のセンダン

 

夏の終わり頃から、あちらこちらで目に付くようになるセンダングサの仲間たち。出会った時に一目で種類が見分けられたら爽快だと思いませんか?花と葉の特徴を覚えてしまえば、多くの種類は容易に見分けることができます。ここで予め、識別のポイントを予習しておきましょう。

 

まずはコセンダングサが基本

さて、関東近郊の平地~丘陵地で目にすることのできるセンダングサの仲間は、タウコギ、アメリカセンダングサ、コセンダングサ(※コシロノセンダングサとアイノコセンダングサを含む)、センダングサ、コバノセンダングサの5種類です。

この中で最もポピュラーな種はコセンダングサです。道端や空き地、草原、河川敷など、木陰となる樹木の少ない場所であれば、あらゆる環境で群生しているのを見つけることができます。枝分かれした茎の先端に咲く花(頭花)は、黄色っぽい色をした筒状花のみからなり、花びら状の舌状花が全く見られない点が特徴です。花だけを見れば、花びらが落ちて丸坊主になった野菊のような印象です。葉は、12回羽状複葉と呼ばれる美しい分かれ方をしており、一枚一枚の小葉には細かいギザギザがあります。さらによく見ると、葉の軸の部分などに白い毛が生えていることも重要なポイントです。

コセンダングサの全形。坊主の頭花と羽状複葉の組み合わせが特徴コセンダングサの全形。関東近郊では最も見かける機会が多い

コセンダングサの頭花。舌状花を欠き、総苞片(頭花を取り囲む緑色の部分)も目立たないシンプルな外見である

コセンダングサの葉。小葉には細かい鋸歯があり、軸などに短毛が見られるコセンダングサの葉。小葉に細かい鋸歯があり、軸などに短毛が見られる 

★コセンダングサを図鑑jpで確認

 

通常、コセンダングサに花びらのような舌状花はありません。しかし、筒状花の周りに白い舌状花が数枚付いているタイプがしばしば見つかります。
この白い舌状花のあるコセンダングサ(広義)は、コシロノセンダングサ(=シロバナセンダングサ、シロノセンダングサ)と呼ばれ、コセンダングサの変種として位置付けられています。

 

*続きをご覧なるには有料コースへの加入が必要です。無料トライアル中の方もご覧いただけます。 

 

小林健人(こばやし・たけと)

八王子市長池公園副園長。1987年神奈川県生まれ。多摩丘陵周辺の植物相解明をライフワークとしており、フィールドで過ごす時間は年間300日を超える。『新八王子市史』で執筆を担当したシダの仲間と外来植物が特に好き。

 

執筆者の小林健人先生は図鑑jpの質問・報告掲示板で回答中です。ぜひ回答をご覧ください。
質問は無料会員登録のみで可能です。

今年こそ見分けたい!身近な植物識別講座

最新コラム