Close modal
無料トライアル

今年こそ見分けたい!身近な植物識別講座

第5回 ニシキギの仲間

2018-11-16

この連載では、掲示板でもお馴染みの小林健人先生(長池公園 副園長)が、ご自身の経験を交えながら、その季節によく見られる身近な植物の見分け方を教えてくださいます。

第5回目は"ニシキギの仲間"です。 


果実と紅葉の共演

秋の草花もピークを過ぎてわずかに残るのみとなり、代わって、赤や黄色と、鮮やかに色付いた木々の葉に目を奪われます。いよいよ本格的な紅葉シーズンの到来です。紅葉といえば、真っ先にカエデの仲間を思い浮かべてしまいますが、実際に里山を歩いていると、想像以上に多くの樹木が色付いていることに気が付きます。ニシキギという樹木をご存じでしょうか?枝にコルク質のヒレがある、このとてもユニークな低木は、秋になると、葉がまるで燃えるような赤色に染まります。その美しさたるや、紅葉する樹木の中でもトップクラスと言っても過言ではなく、和名の「錦木」もその情景が由来となっています。また、ニシキギのもう一つの見どころは、紅葉と同じ時期に可愛らしい果実が実ることです。一本の木で果実も紅葉も楽しめる、これほど贅沢なことは無いでしょう。

枝のヒレがユニークなニシキギ枝のヒレがユニークなニシキギ

ニシキギ科植物は実も葉も同時に楽しめる(ニシキギ)ニシキギ科植物は実も葉も同時に楽しめる(ニシキギ)

 

さて、ここで樹木の図鑑を開いてみると、ニシキギはニシキギ科という科に所属していることがわかります。ニシキギ科のページには、ニシキギの他に、マユミやマサキなど、似たような実の樹木が並んでいます。多くの種類は秋~初冬にかけて実が熟し、実は二つの異なる色の組み合わせからできています。固い果皮(かひ)が複数に裂けて、中から果皮とは異なる色をしたゼリー状の仮種皮(かしゅひ)に包まれた種子が姿を現すため、二色の構造になるのです。これは「二色効果」と呼ばれ、種子の運び屋となる鳥たちに、実の成熟、つまり食べ頃であることを知らせる信号のような役割があるといわれています。今回は、そんなニシキギ科植物の巧みな知恵ともいえる“実”に注目しつつ、“葉”の形態も併せて観察することで、簡単&確実な種の識別にトライしてみましょう。

ニシキギ科を代表するマユミニシキギ科を代表するマユミ

ニシキギ科の特徴は二色の実(ツルマサキ)ニシキギ科の特徴は二色の実(ツルマサキ)

*続きをご覧になるには有料コースへの加入が必要です。無料トライアル中の方もご覧いただけます。 

 

小林健人(こばやし・たけと)

八王子市長池公園副園長。1987年神奈川県生まれ。多摩丘陵周辺の植物相解明をライフワークとしており、フィールドで過ごす時間は年間300日を超える。『新八王子市史』で執筆を担当したシダの仲間と外来植物が特に好き。

 

執筆者の小林健人先生は図鑑jpの質問・報告掲示板で回答中です。ぜひ回答をご覧ください。
質問は無料会員登録のみで可能です。

関連する図鑑:樹に咲く花 離弁花2

今年こそ見分けたい!身近な植物識別講座

最新コラム